しあわせ守 金神社

金神社で境内にある金色の正面鳥居にちなんだお守り「しあわせ守」の販売が始まりました。 金神社は11月正面鳥居を茶色から金色に塗り替えました。 これに合わせ本郷啓介宮司が「金色の鳥居をいつも身に付けてもらい、輝かしい毎日を過ごして。かばんや携帯電話に付けて使って。」とお守り...

山王さん祭り 甘酒祭り ホーライホーライ

山王さん祭りが熊本県宇土市花園町の山王神社一帯で行われました。 猿に扮した若者が無病息災を願って甘酒を掛け合いました。 境内や氏子宅で甘酒のとっくりを奪い合い、集落を練り歩きました。 旧暦11月の申の日に催される伝統行事で、通称「甘酒祭り」。 約700年前から続く...

露天風呂カピバラ湯 ゆず湯とカボチャ

冬至を前に、いしかわ動物園は飼育しているカピバラの一家にゆず湯とカボチャをプレゼントしました。 モミジ(雄、三歳)、ワカメ(雌、七歳)のペアと子どもたち計9匹が、露天風呂カピバラ湯に入ったています。 露天風呂カピバラ湯には能美市観光物産協会から贈られた能美市の特産品...

諏訪大社で正月の縁起物の準備

諏訪大社で絵馬や破魔矢など正月の縁起物の準備が大詰めを迎えています。 用意する縁起物は15種類。 下社秋宮では、みこたちが破魔矢に開運絵馬を付けたり、熊手を点検したりと、黙々と作業を進めています。 数え年で七年に一度の諏訪大社御柱祭を控え、開運絵馬には御柱を曳く...

黄金色のヒラメを水揚げ

三重県鳥羽市の答志島で山下孝貴さん(漁師)が網に掛かっていた体調70センチ、体重4キロの黄金色のヒラメを水揚げしました。 鳥羽水族館飼育研究部の玉置史人さんは「体の色素が欠落したのではないか。目立つ体色だと敵に捕食されることが多いため、ここまで大きく育つのは珍しい。」 ...

アルゼンチンアリ生息確認 注意

愛知県東海市は、新宝町と南柴田町で特定外来生物「アルゼンチンアリ」の生息を確認したと発表しました。 愛知県内では、2005年の田原市、2011年の豊橋市に次いで3例目。 東海市によると、環境省の調査で新宝町と南柴田町の工業専用地域と工業地域で見つかりました。 近くに民...

ポインセチア出荷最盛期 チブサン洋花園

チブサン洋花園でクリスマス気分を盛り上げるポインセチアの出荷作業が最盛期を迎えています。 赤く色づいて花のように見えるのは、苞と呼ぶ葉の部分です。 赤と緑色の対比が美しく、年末にかけて街や家庭を鮮やかに彩ります。 熊本県内出荷量の約半数を占めるというチブサン洋花...

たたき網漁 三方湖冬の伝統漁法

冬の伝統漁法たたき網漁が福井県の三方湖で始まりました。 澄み渡った空気の中に、漁師が竹ざおで湖面をたたく「パシャッ」という音が響き渡っています。 たたき網漁は、水温が下がって動きが鈍くなったコイやフナを竹ざおなどで水面をたたいた音で驚かせ、設置した網に追い込む漁法です。 ...

サミット弁当 てこねおんこ、パエリヤ寿司、きんこ大学芋など9品

伊勢志摩サミットに向け三重県志摩市志摩町の民宿や飲食店の女将らでつくる「志摩いそぶえ会」がレシピ作りに取り組んでいた地元食材を使った「サミット弁当」が完成しました。 手こね寿司やサザエのつぼ焼きなどを詰めて郷土料理をPRしています。 志摩いそぶえ会は、郷土料理の魅力を発信...