ラビたま駅長きっぷ ニンジンデザイン

埼玉高速鉄道は、浦和美園駅の駅長に就任したウサギのラビたまをデザインしたラビたま駅長きっぷを期間限定で発売しています。 購入日だけ有効で、浦和美園駅-赤羽岩淵駅の乗り降りが1日自由となります。 好物のニンジンをデザインしています。 ラビたまは、休日の火・木曜を除き、構...

ねおスイート 1個600円

岐阜県は、柿の新しい品種「ねおスイート」を開発したと発表しました。 高い糖度と、サクサクとした食感を持ち合わせた新しいタイプの柿です。 岐阜県として、柿の新品種開発は初めて。 高価な贈答品用として岐阜県内農家に栽培してもらいます。 岐阜県によると、柿の糖度は平均1...

砺波市コミュニティプラザ

JR砺波駅構内で利用者の待合室となる砺波市コミュニティプラザがリニューアルオープンしました。 砺波市観光協会が委託を受けて運営。 城端線の観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」(愛称べるもんた)の運行が始まったのに合わせ、乗客の利便性向上や情報発信の強化のため約800...

経済効果5億5千万円 ご当地キャラ博in彦根

滋賀県彦根市中心部で開かれた「ご当地キャラ博in彦根2015」で、約5億5000万円の経済波及効果がありました。 過去最高に達した昨年に並ぶ額です。 主催したご当地キャラ博in彦根実行委員会が発表しました。 ご当地キャラ博in彦根は、彦根市の「ひこにゃん」をはじ...

松茸大豊作 ようけいやなあ

松茸が兵庫県但馬地域で記録的な豊作です。 兵庫県豊岡市福田の豊岡中央青果地方卸売市場では、昨年は年間の入荷総量が80キロほどでしたが、今年はすでに150キロを超えています。 一方で競り値は、昨年は平均で1キロ当たり4万6千円でしたが、今年はこれまでのところ1キロ当たり2万...

ぎんなん収穫最盛期 焼いて食べると美味い

富山県南砺市南蟹谷地区で、特産のぎんなんの収穫が最盛期を迎えています。 生産組合の杉浦忠さん方の車庫には、陰干ししたぎんなんが白いじゅうたんのように床一面に並んで出荷を待っています。 石川県境の山間地に位置する南蟹谷地区は、組合の農家50戸が約5000本のイチョウの...

おばませんキャラ号6 小浜線ラッピングトレイン

小浜線ラッピングトレインが運行を開始しました。 愛称は、おばませんキャラ号6。 小浜線ラッピングトレインは一車両。 沿線の若狭湾の景色を背にツヌガ君(福井県敦賀市)、へしこちゃん(福井県美浜町)、わかさ梅ぼう(福井県若狭町)、さばトラななちゃん(福井県小浜市)、うみり...

伊勢エビ100匹伊勢神宮内宮奉納

伊勢えび祭保存会は、伊勢神宮内宮に初物の伊勢エビを奉納しました。 豊漁と海上安全を祈願して奉納を続け今年で28回目。 保存会員と大口秀和市長、自治会役員ら26人が参列。 水揚げされた伊勢エビ100匹をかごに入れて運びました。 三重県内の伊勢エビ漁は10月から...

コウタケ大量発生中

コウタケが兵庫県加東市上鴨川の山中で大量に発生しています。 かさの直径が35センチを超えるものや、約40メートルにわたって連なる列など、愛好家は「数十年に一度の大豊作」と話しています。 かさはじょうご形で中央は深くくぼんでいます。 表面のささくれは、時期とともに薄い茶...

秋のバラ見頃 香愛ローズガーデン

香愛ローズガーデンで秋のバラが見頃を迎えています。 バラ園は第三セクター会社「ねっとかわい」が運営。 8300平方メートルの敷地で1300種、約5000株を育てており、四季咲きで順次花を咲かせます。 園のバラは、寒暖差が大きいため花の発色が良いのが特徴です。 ...

昭和レトロ天水湯64年の歴史に幕

天水湯が64年の歴史に幕を下ろしました。 印象的な破風やツタの絡まる外観など、昭和のたたずまいを残し、開業当初からほとんど変わらないレトロな外観や落ち着きある建物内は広く知られていました。 天水湯は現経営者の藤本章夫さんの祖父が1951年に開業しました。 途中で...

イタセンパラ300匹を保護池に放流

氷見市教育委員会は、国の天然記念物で絶滅危惧種の淡水魚イタセンパラを氷見市惣領に市が整備した保護池に放流しました。 保護池は2014年3月に完成し7月にイタセンパラの産卵に必要な二枚貝のイシガイを放流。 10月に繁殖期を迎えるイタセンパラの産卵を狙い300匹を池に放流しま...

太秋柿 上品な甘さ 果樹農家河原昶さん

太秋柿の収穫が川崎市高津区宇奈根の果樹農家河原昶さんの畑でピークを迎えています。 太秋柿は、直径10センチ、重さ400グラム前後、上品な甘さで、シャリシャリした食感が楽しめます。 新しい品種の柿栽培に挑戦して20年。 努力を重ね、豊かな甘さの果実となっています。 ...

郡上八幡万場線運行開始(時刻表)

郡上市八幡町と郡上市白鳥町を結ぶ定期バスの新規路線「郡上八幡万場線」が開業しました。 郡上八幡駅と美濃白鳥駅を結ぶ約25キロで、郡上市大和町と白鳥町の間は万場地区がある長良川西岸に沿って走ります。 公共交通の空白地帯だった大和町名皿部や白鳥町越佐も通ります。 高校生ら...