5/31/2012

モリアオガエルの産卵

福井県大野市南六呂師の福井県自然保護センター近くの池でモリアオガエルの産卵が始まっています。

泡状の卵塊は綿菓子のように白くて周囲の深緑と鮮やかな対比を見せています。

モリアオガエルは、体長5~10センチほどの日本の固有種。

豊かな自然が残っている所にしか生息しないために天然記念物に指定している地域もあります。

水辺の草木に泡をつくって中に約400個の卵を産み付けます。

10日前後でオタマジャクシにかえって水の中へ落ちます。

福井県自然保護センターの自然観察の森にある馬取池では、池に張り出した木々の枝に握り拳大の卵塊が約20個ぶら下がっています。

今年は気温が低く、例年よりやや遅い20日ごろから始まりました。


産卵は1カ月ほど続いて池の周囲には毎年約200個の卵塊ができるそうです。

ほたる飛ばせ隊、ほたる祭り、ホタル観賞会

鹿屋市輝北の平房地区の有志でつくる「ほたる飛ばせ隊」が「ほたる祭り」と銘打って平房活性化センター周辺でホタルの観賞会を開いています。

毎年、県道や水田の用水路で天然ゲンジボタルが飛び交っています。

長年、観賞会が開かれていましたが7年前に関係者が亡くなり途絶えてしまいました。

ほたる飛ばせ隊は今年、危険箇所にロープを張って復活させました。

26日には、平房活性化センター一帯でイベントを開催。

特設ステージでは地区民らによる空手演舞やコーラス、PRマスコット「ひらちゃん、ぼうちゃん」のお披露目があり、家族連れら約500人で賑わいました。

マスコットを考案した鹿児島純心高校2年の高橋里沙さん(16)は「ホタルがきれいな平房地区のPRにつながればうれしい」と話してくれました。


ほたる祭りは、6月9日までです。

JR油日駅で記念缶バッジを限定千個無料配布!

滋賀県草津線複線化促進期成同盟会は、JR油日駅(甲賀市甲賀町)の改築十周年を祝うとともに利用を促進しようと記念缶バッジを限定千個作成し、駅に来場した観光客や利用者へ無料で配布しています!

缶バッジは直径三・二センチで忍者をモチーフにした駅舎のかわいいイラストがあしらわれています。




お問い合わせは、甲賀市政策推進課交通政策係(TEL0748―65―0672)まで。

5/30/2012

別府八湯検定試験で目指せ別府八湯カリスマ!

別府八湯の自然や歴史などについての設問に挑みカリスマを目指す「別府八湯検定試験」が8月4日、別府市と大阪の2会場で実施されます。

昨年から始まった企画で、2回目です。

別府八湯温泉道名人会のメンバーらでつくる実行委員会の主催。

(1)自然(2)歴史(3)産業(4)文化(5)別府八湯温泉道の5分野から各10問ずつ計50問(1問2点)を出題。

(5)は「日本の観光全般、温泉と温泉地」の分野を選択することもできます。

満点を別府八湯カリスマ、88点以上を準カリスマに認定されます。

昨年の検定は、小学生から70代までの86人が受験。

最高得点は82点で、カリスマは誕生しませんでした。

「別府八湯温泉本や昨年の問題なども参考にして、受験に備えて」と実行委員会。


別府市の会場は、別府市中央公民館。

大阪は、大阪観光大学。

別府会場の定員は100人で先着順。

大阪会場は定員を設けていません。

検定料は千円で、申し込み締め切りは7月26日です。

問い合わせは
別府会場は、名人会事務局(Mail 88meijinkai@gmail.com)
大阪会場は、大阪観光大学別府八湯検定担当(TEL072-453-8222)まで。

昨年の問題を500円(送料込み)で販売しています。
問い合わせは、別府市の株式会社クリエイツ(TEL0977-66-3676)。

おびひろ動物園で16年ぶりにキリンの赤ちゃん誕生!

おびひろ動物園でアミメキリンのリボン(雌、4歳)に雄の赤ちゃんが誕生しました。

29日午前10時、初めて屋外で一般に公開され、母子共に元気な姿を披露!

おびひろ動物園でキリンの赤ちゃんが生まれるのは16年ぶり。

リボンは2010年10月、おびひろ動物園の雄のムサシ(15歳)との繁殖を目指して盛岡市動物公園から貸し出されました。

妊娠判定と経過観察には帯畜大が協力。

おびひろ動物園によると、26日午後3時、リボンに子供が産まれそうだと来園者から報告があり、寝室兼産室に収容。

午後4時19分に出産しました。

赤ちゃんは1時間20分後に自分の足で立ちました。

母子共に、寝室から外の放飼場に出るのは29日が初めて。

リボンが先に出て、5分後に身長180センチの赤ちゃんがゆっくりと続きました。

リボンは赤ちゃんにしっかりと寄り添い屋外でも授乳。


飼育担当の井上文男さんは「意外に落ち着いている。外にいる方が授乳時間も長く安心した」とほっとした表情。

同じ保育園の母子5組とおびひろ動物園を訪れていた市内の会社員吉川さなえさんは「動物園に来る楽しみがまた増えた。成長を見守りたい」と話しました。

毛越寺平安貴族曲水の宴

毛越寺で平安時代に由来する歌遊び「曲水の宴」が行われました。

世界文化遺産登録後、初開催となったみやびやかな宴に約4500人の参拝客が魅了されました。

曲水の宴は、遣水に杯を載せた羽觴を浮かべ、水辺の歌人の前に流れて来るまでに和歌を短冊にしたため、酒杯を傾ける平安貴族の歌遊び。

今年は、主客歌人を務めた盛岡大学長の望月善次さんをはじめ東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県から計6人の歌人が参列しました。

男性は衣冠や狩衣、女性は袿と平安貴族さながらの装束をまとい「願」を題に震災復興への思いなどを詠みました。


毛越寺では、平安期の遣水が発掘されたのを機に1986年から催されていますが、昨年は震災の影響で中止され、今回が2年ぶりの開催となりました。



毛越寺

〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉大沢58

電話 0191-46-2331

平川動物公園花しょうぶ園花しょうぶまつり

鹿児島市の平川動物公園内の「花しょうぶ園」(約900平方メートル)で花しょうぶまつりが開催中です!

濃い紫色の優雅な花が相次いで開花して来園者の目を楽しませてくれています。

花しょうぶ園には、ハナショウブ4000株、1万6000本が植えられています。

27日に家族と訪れた霧島市国分福島の篠原さおりさんは「毎年楽しみにしている。色も鮮やかで美しい。歩道も歩きやすく、親子で楽しんでいる」と話ていました。



花しょうぶまつり では園芸教室などが予定されています。

いずれも無料で誰でも参加できます。

5月下旬から6月上旬にかけて、平川動物公園の花しょうぶ園において、花しょうぶが見頃を向かえます。

期間中は、花しょうぶの各種イベントが開催されます(期間5月26日~6月10日)。

ぜひ、この時期しか見ることのできない色とりどりの花しょうぶをご覧にお越しくださいませ。


■園芸教室
◇内容 花しょうぶの育て方、ガーデニング教室
◇日時 6月2日(土)13:30~15:00
◇定 員 100名(当日先着順)
◇場所 花しょうぶ園内

■花しょうぶを眺めながらの野点(茶会)
◇日時 6月3日(日)13:30~15:00
◇参加料 無料
◇定 員 100名(当日先着順)
◇場所 花しょうぶ園内

■花しょうぶの花狩り しょうぶの生花を差し上げます
◇日 時 6月10日(日)14:00~
※先着30名程度
◇場所 花しょうぶ園内

※天候不良時は中止になる場合があります。


お問い合わせは、 平川動物公園 〒891-0133 鹿児島県鹿児島市平川町5669-1 
電話番号:099-261-2326 
ファックス:099-261-2328

5/29/2012

畑のルビー!佐藤新吉さんの寿園サクランボ美味しいよ!

岡山県備前市新庄の観光農園・寿園で「畑のルビー」と呼ばれるサクランボが間もなく収穫期を迎えます。

赤い実が初夏の陽光をいっぱいに浴びて日に日に輝きを増しており6月1日に直売を開始します。

寿園は、1984年にサクランボ王国の山形県から移住してきた佐藤新吉さん(73)が経営。

敷地内の約40アールに「佐藤錦」や「山形美人」「高砂」など二十数品種約250本を栽培しています。

現在、どの木にも3センチ前後の実がびっしり実り収穫する際には糖度20度前後になるそうです。

価格は100グラム500円から。


観光農園・寿園の佐藤新吉さんは「甘味と酸味の調和を楽しんで」と話しています。

かっぱ伝説のかっぱまつり

かっぱ伝説が残る長崎県大村市の郡川(こおりがわ)に親しむ「かっぱまつり」が大村市鬼橋町の郡川一帯で行われました。

約500人が長いかっぱ巻き作りに挑戦しました!

記録は144メートルでした。

竹松、富の原両小学校区の青少年健全育成協議会と市民グループ「郡んかっぱ共和国」(増川前隆代表)が主催し20回目。

親子連れなどは川で水遊びしたり、竹で水鉄砲を作ったりして楽しみました。

かっぱ巻き作りは11回目。

新記録の150メートルを目指しましたが過去最長タイにとどまってしまいました。


梅原洸太君(11)は「川で魚を取ったりして遊んだ。かっぱ巻き作りも楽しかった」と笑顔で話しました。

セキユリヲさん、えひめのたいせつ展開催!

愛媛の人に地元の良さを再発見してもらう「えひめのたいせつ展」が29日から松山市一番町3丁目の松山三越で始まります。

グラフィックデザイナーのセキユリヲさんが愛媛県内の作家を訪ね歩いて見つけた砥部焼や五十崎の手すき和紙などの工芸品を紹介します。

セキユリヲさんは、自身がデザインした図案を用いて全国の伝統工芸品を見直し今の生活に合うよう提案。

県内でも5年前からレストランや旅館の客室のデザインなどを手がけています。

えひめのたいせつ展では、セキさんのデザインを用いた砥部焼や手すき和紙、伊予かすりのポーチなどの作品や、砥部焼や手すき和紙作家の作品を展示。

セキユリヲさんが県内の作家を訪問した際の様子を写真で紹介しています。


えひめのたいせつ展は、6月4日までです。

100年前の鉄道のレール旧JR大分駅で発見

完全高架化に伴い撤去工事が進む旧JR大分駅のホームで100年前に製造されたレールが支柱として再利用されているのを鉄道友の会九州支部会員の田口雅延さんが発見しました。

JR九州大分支社によると、このレールは月内に撤去してそのまま処分される可能性が高いそうです。

田口雅延さんは、中古レールが戦後の物資不足の際良質な建材として重宝されていたことを知って旧駅でも使われていないかと、閉鎖直前の2月に構内を調査。

旧北口改札やホームで屋根の支柱や骨組みとして使われていることが分かりました。

このうち旧4番ホームで屋根の支柱として使われていたレールは、製造年となる「1912」、北九州市の官営八幡製鉄所が製造したことを示す「S」、重さ、形状が記されています。

田口雅延さんはこのレールは、旧駅が開業したころに敷かれて1945年の大分大空襲による建て替えや60年代のホーム拡張の際に再利用されたのではないかと推測しています。

旧4番ホームはかつて寝台特急「富士」や「彗星(すいせい)」「高千穂」が停車し、近年は特急「にちりん」や「ソニック」が止まっていました。

田口雅延さんは「旧駅を長年見続けてきた生き証人で、多くの乗降客を見守ってきたレール。


新しい大分駅ビルで、展示してもらえないだろうか」と話しています。

オリンピックデー・フェスタin塩釜、塩釜三小校庭で開催

五輪選手と子どもたちが交流する「オリンピックデー・フェスタin塩釜」が宮城県塩釜市の塩釜三小校庭で開催されました。

日本オリンピック委員会が東日本大震災の復興支援として開催しているイベントの一環です。

塩釜市の小中学生150人が参加して一流のアスリートとの触れ合いを楽しみました。

会場には塩釜市出身でフリースタイルスキーモーグルの畑中みゆきさんをはじめ、カーリングの本橋麻里さん、競泳の宮下純一さん、サッカーの平瀬智行さん、野球の黒木知宏さんの5人が訪問されました。

子どもたちは各選手をリーダーとする5チームに分かれて大縄跳びや綱引きなどに挑みました。


小学6年の小林明日香さん(11)は「一流の選手とスポーツができ、うれしかった」と話しました。

5/28/2012

セーネンブ的伊那コン開催!街コン大盛況!

長野県伊那市で初めての街なかを使った合同コンパ「セーネンブ的伊那コン」(伊那商工会議所青年部主催)が27日夜、伊那市内で開催されました!

若者を中心に265人(男性157人、女性108人)が参加。

飲食店をはしごしながら新たな人との出会いを楽しみました。

地域振興を目的に掲げ、男女の出会いに限らない交流を深めてもらおうと未婚や既婚を問わず参加できるようにしました。

伊那市らしさを出すため、参加証は勘太郎をイメージした“三度笠”にしました。

参加者は申し込みのグループ単位で行動。

会場となる11店舗のうち、事前に振り分けられた2軒を巡りました。


特別メニューや飲み放題が提供された店内では、すぐに打ち解け合って会話を弾ませていました。

友人と2人で参加した伊那内の女性は「フェイスブックで「街コン」をやるって見かけて、楽しそうだなと思って来た。良い飲み友達を探したい」と意気込んでいました。

当初定員をはるかに上回った参加者数に、伊那商工会議所青年部の小池真一部長は「完全に予想外だった。こんなに集まるなんて」と驚きの様子でした。

YAESU東北ハムフェスタin仙台!CQ CQ

アマチュア無線の最新機器を紹介する「YAESU東北ハムフェスタin仙台」が26、27の両日、仙台市若林体育館で開催されました。

東日本大震災の復興支援を目的に、大手無線機メーカー八重洲無線が初めて開きました。

東北と栃木にある25の販売店と部品メーカーが参加して最新無線機器の展示やアンテナの立て方などの実演を行いました。

震災でライフラインが途絶える中で被災地のアマチュア無線愛好家は、津波情報や生活情報などを発信した。


会場で講演したNPO法人宮城防災アマチュア無線クラブの松木崇理事長は「停電で思うように無線が使えなかったが、会員は車のバッテリーを電源にして情報を発信し続け、身近な情報を広めることができた」と当時を振り返りました。

越前市蔵の辻タケコン合コン街コン大作戦大盛況!

福井県越前市中心部の広場「蔵の辻」周辺で27日に商店街を舞台にした大規模な合コン「街コン」が開催されました。

30代を中心に県内各地から200人の男女が集まって趣のある町並みの中の飲食店を巡って“出会い”を楽しみました。

街コンは“婚活中”の男女のお見合いの場づくりとともに、まちなかのにぎわい創出として全国で人気を呼んでいます。

福井県内では今回の越前市をはじめとして、6月3日に敦賀市、6月9日に福井市で開かれます。

福井県の先陣を切った今回の街コンは「タケコン」と題して武生商工会議所青年部OBら24人が実行委を結成して企画!

参加者は、総社大神宮で良縁祈願を受けた後、蔵の辻周辺にある中華料理や日本料理、イタリアン、バーなど計7店舗のうち3店舗が指定されている入場チケットを選び、1軒目の店に入りました。

各店舗50分間の食べ飲み放題で、店に居合わせた参加者同士食事を楽しんでまた別の店に移動する仕組みです。

最初は緊張気味だった人たちも徐々に慣れてきて異性と自己紹介や趣味の話をし連絡先を交換しました。

20代の女性は「合コンには抵抗があったけれど、まち全体で開催されると足を運びやすい。年齢層も幅広く楽しかったので、こんな機会がもっと増えてくれれば」と満足そうに話しました。

参加者を受け入れた飲食店のオーナーは「普段は年配の客が多いが、若い人たちが来てくれてうれしい。これを機にまた足を運んでほしい」と話していました。


実行委の長谷川浩委員長は「若者がまちなかにたくさん集まり、楽しんでもらえてよかった。まちなかの活性化や出会いの場づくりをさらに考えたい」と次回に意欲を燃やしています。

どの店も終始和やかな雰囲気に包まれていました!

キノコの女王キヌガサタケ発見!

鹿児島県霧島市隼人の池江国裕さんが霧島市にある親族の竹山でキヌガサタケを発見しました!

高さ約22センチで、白いドレスのようなマント姿です。

キヌガサタケは中華料理の高級食材として珍重されるスッポンタケ科キヌガサタケ属。

池江国裕さんが発見したのは午前10時半ごろだそうです。

竹を取りに行ったところ、「白いレースみたいのものがある」と気付きました。

掘って抜き、近くの小学校や市役所で披露したところ「初めて目にした」と驚かれたそうです。


元鹿児島県立博物館長の黒江修一さんによると、早朝のすがすがしい空気の中に立つ優美な姿から“キノコの女王”と呼ばれていて「朝からぐんぐん成長し昼前には倒れるので、見つけるのは珍しい」そうです。

名護岳でアオノクマタケラン!

沖縄県名護市の名護岳でアオノクマタケランが見ごろを迎えています。

ショウガ科で、暖地に自生する多年草です。

すらっと伸びた茎に、白くかれんな花を咲かせています。

名護岳の頂上へ向かう登山道の両脇に多く自生。


山歩きをする人たちは「昨年の台風の反動か、ことしは山の花や実が多いような気がする」と話しています。

5/27/2012

鳥取市福部町で砂丘らっきょうの収穫開始!

砂丘らっきょうの名称で知られる鳥取県特産のラッキョウの収穫作業が鳥取市福部町で始ままりました。

鳥取砂丘に近い丘陵地の砂丘畑では、早朝から生産者が掘り起こし作業に追われて輝くような白さを放つ大粒のラッキョウが続々とコンテナに積まれました。

鳥取市福部町海士の湯邨勲さん(68)の20アールの砂丘畑では、葉の部分が刈り取られたラッキョウを専用のトラクターが砂の中からすくい上げるように収穫。

根切り作業のため、生産者が周辺の作業場まで運び込みました。

ことしは大雪で畑が雪に覆われる期間が長く、成長が遅れがちでしたが、春以降の天候回復と入念な水管理で粒の大きさも例年並みかそれ以上だそうです。


JA鳥取いなばによると、砂丘地で育つラッキョウは色が白くシャリシャリと歯触りがよいのが特徴で、今シーズンは前年を上回る1600トンの販売を見込んでいます。

林健太フォー・ミニッツ・ティル・ミッドナイト、メジャーデビュー!

アメリカで音楽活動を続けてきた岐阜市出身の林健太さんが所属するロックバンド「フォー・ミニッツ・ティル・ミッドナイト」が今月メジャーデビューを果たしました。

バンド名をタイトルにしたメジャー初アルバムは、5月16日発売されました。

結成から9年、ライブを重ねてコンテストで優勝するなど実績を積んだ末に夢をかなえました。

音楽に触れたのは中学3年の時。

アメリカのロックバンドにあこがれてギターを始め、毎日8時間以上を練習!

高校を卒業してアメリカへ渡り、語学学校を経てハリウッドの音楽学校に入学して米国人の仲間3人とバンドを結成ました。

慣れない環境に苦悩することもありましたが「音楽で食べていく決意だけは捨てなかった」と林健太さん。


メジャーデビューを果たした今、これまでの歩みを振り返り「今は自分を冷静に見るようになったが、思春期には夢中でギターに情熱を注いだ。それが逆に良かった」と話しました。

これからについては「日本、欧米、アジアなど世界中で活躍したい」と飛躍を誓いました。


FOUR MINUTES TIL MIDNIGHT
1. Brothers
2. Kiss
3. Samizdat 96
4. Inside Of Your Mirror
5. Gens Du Monde
6. Lost In The Winter
7. Don't Want That
8. 3 Legged Horses
9. Monochrome 167
10. D.J.
11. Little Bird
12. Mini Chopper
13. Broke My Shell

アメリカで2ヶ月半にもおよぶレコーディング&ミキシングが続き、僕たちの思いがたっぷりとつまった渾身のアルバムです!!
全曲シングルカット出来るくらいどれも最高な曲達で捨て曲なし、13曲入り!!
一曲一曲全然違ったスタイル、アレンジになっていて、なおかつアルバム一枚通して聞くとちゃんとストーリーがあり、聞けば聞くほど味が出るスルメ系アルバムになっています!!
(今回はかなりキーワードで日本語が登場しますw)
一人でも沢山の人にアルバム通して聞いてもらいたいです!♪
みなさん宜しくお願いします!!

発売日:2012年05月16日
フォーマット:CD
構成数:1
製造国:国内 レーベル:FAR EASTERN TRIBE RECORDS
規格品番:UMCF-1073

日本を中心に、アメリカ・ヨーロッパ・アジアを股に掛け活動するシンガー・ソングライター、Kenta Hayashiのバンド・プロジェクトであるFour Minutes Til Midnightのメジャー・デビュー・フル・アルバム。ファンクをベースに、ロック、ブルース、レゲエ、などを取り入れた、流線的なオーガニック・サウンドが特徴的な一枚!

戸倉上山田温泉街、会津若松市、相互誘客キャンペーン

千曲市の戸倉上山田温泉街の旅館主人らが発起人となって福島県会津若松市の観光をPRする取り組みが進んでいます!

「相互誘客キャンペーン」と銘打って会津若松市でも戸倉上山田温泉街の観光PRに力を入れています。

旅行会社JTB協定旅館ホテル連盟長野支部戸倉上山田地区会が、被災地の復興支援とともに双方の誘客につなげようと計画しました。

長野市南千歳のJTB中部長野支店内には今月、会津若松市の特設コーナーが設けられ、パンフレットなどの観光情報を得ることができるようになりました。

戸倉上山田地区会によると、特設コーナーは上田市と松本市の支店にも設置されています。

一方、福島県では今月20日、会津若松市の旅館関係者が戸倉上山田温泉のパンフレットを配ってPRに協力。

JTB東北の福島市、郡山市、いわき市の各支店には戸倉上山田温泉の観光パンフレットなどが置かれているます。


戸倉上山田温泉の旅館「滝の湯」社長武井功さんは「福島県へ旅行に出掛けることで被災地を応援することもできる。福島県の人には旅行に来てもらって疲れを癒やしてほしい」と話しています。

5/26/2012

ソテツの雄花が2つ咲きました!

沖縄県内各地でソテツが開花しています!

名護市山入端の県道449号の中央分離帯では、ひとつの株からふたつの雄花が咲いてドライバーの目を楽しませてくれています。

細長い花は長さ40センチほどで黄金色に輝いています。

通常は一つだが、何らかの理由で細胞が分かれ複数の花を付けることがまれにあるそうです。


本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園の島袋林博主任技師は「ほのぼのとしたおもしろい話題。開花から3週間ぐらいは、きれいな花を見ることができる」と話してくれました。

道音亜惟、富山のアイドル!

富山の看板娘になりたい!

富山市在住でモデルの道音亜惟さんが富山のアイドルを目指して本格的な活動を始めました。

全国の美少女を発掘するフリーペーパー「美少女図鑑」の富山版に掲載されたことが契機となり自身のブログへのアクセスは1日約2千件を超えるなど人気は急上昇中です!

現在は自ら作詞も手掛け、歌にも挑戦するなど精力的な日々を送っています。

道音亜惟さんは黒部市出身で、3姉妹の長女として育ち中学時代は剣道に打ち込んでいました。

同じころに同級生からいじめを受けて高校進学を断念。

中学卒業後は幼いころから続けるピアノを生かしてバンド活動にのめり込んでいきました。

そんな中、道音亜惟さんは「いじめを受けた子でも何かやれる。自分と同じ境遇の子を勇気付けたい」との思いから「富山美少女図鑑」に応募。

約100倍の競争を勝ち抜いて2010年12月号に掲載されました。

これがきっかけとなり、モデルの仕事が舞い込み間もなく東京の所属事務所からスカウトを受けました。

都会を拠点にアイドルを目指す選択肢もあったものの「富山は人の温かさが魅力。祖父に自分が立ち直った姿を見てほしい」との思いから富山県内を拠点に活動を続けることと決めたそうです。

現在はフリーで、モデル業やケーブルテレビのリポーターなどをこなしています。


力を入れているのが作詞活動で、ライトレールや富岩運河環水公園などをテーマに富山弁を詞に織り込むなど富山への愛着を表現しています。

道音亜惟さんは「将来は広末涼子さんのような女優になりたい。富山のいいところを全国に伝え、自分の活動の幅を広げていきたい」と話しています。

お酒を飲むときにトマトを食べると血中アルコール濃度が低下

お酒を飲むときにトマトを一緒に食べると、血中アルコール濃度が低下するそうです!

このような結果が、アサヒグループホールディングスとカゴメの共同研究で明らかになりました。

トマトが体内の酵素を活性化させるそうです。

研究で行った実験では、トマトジュース缶3本(約480ミリリットル)と焼酎約100ミリリットルを同時に飲んだところ、トマトジュースを飲んでいない場合と比べて、血液中のアルコール濃度が約3割低下することを確認。


体内にとどまるアルコール量が約3割減少した計算になります。

5/25/2012

辻井伸行さんロイヤル・フェスティバル・ホールで演奏

新進ピアニスト、辻井伸行さんが英国の代表的な音楽ホール、ロイヤル・フェスティバル・ホールで世界的な指揮者ウラディーミル・アシュケナージ氏の指揮のもと演奏しロンドンでのデビューを果たしました!

演奏したのはロシアの作曲家プロコフィエフの難曲とされるピアノ協奏曲第3番。

辻井伸行さんは力強い演奏で約2千人の聴衆から拍手喝采を浴びました。


辻井伸行さんの演奏に大興奮のサイモン・ウッデージさんは「彼の演奏は非常に正確で素晴らしかった。全盲であることは関係ない」と話してくれました。

白つつじ公園で「白つつじまつり開催中!入場無料!

山形県置賜地方の初夏を彩る白ツツジが長井市の白つつじ公園で見ごろを迎えています。

気品漂う純白の花びらが特徴の琉球種約3000株が6.3ヘクタールの公園一面で栽培されています。

長井市の白つつじ公園は明治中期ごろから地区住民が中心となって整備しています。

市内の旧家から譲渡された古木が多く、樹齢750年の古木もあります。

長井市観光協会によると、白ツツジは例年より1週間程度開花が遅れましたが24日に八分咲きになりました。



今週末に満開になります!

白つつじ公園では31日まで「白つつじまつり」が開催中。

入場無料です!



5月24日(木)の白つつじ公園の白つつじは「八分咲き」だそうです!

幻日の撮影に成功!竹内正和さん

福井県坂井市の上空で太陽から離れた位置に太陽と同じような丸い光りが見える「幻日(げんじつ)」が現れました!

坂井市坂井町下兵庫の会社員竹内正和さん(49)が撮影に成功しました!

福井地方気象台によると、幻日は雲の中にある六角板状の氷晶がプリズムの役割を果たして太陽の光が屈折することによって本物の太陽と同じ高さの位置に光りが現れます。

大気光学現象の一つで、太陽の光の柱が空に向かって垂直に伸びる「太陽柱」や太陽の周りに虹色の輪ができる「暈(かさ)」などと同じだそうです。

竹内正和さんは、会社帰りの午後6時40分ごろ坂井市春江町井向の通称「芦原街道」を車で走行中に道路沿いで太陽に向かってカメラを構えている人を見つけました。

不思議に思い同じ方向の空を見ると、雲の中に太陽が“二つ”あって、慌ててスマートフォンで写真を撮影したそうです。


竹内正和さんは「初めて見た。SF映画のワンシーンのようで不思議だった」と興奮した様子でした。

今回現れたことに、福井地方気象台は「氷晶でつくられている上層雲が天空に広がり、出現しやすい条件が整っていたのではないか。ちょうど雲が薄くなりタイミングが良かった。これだけはっきりした写真は珍しい」と話しています。

葛西臨海水族園から逃走したフンボルトペンギン確保!

東京都立葛西臨海水族園(江戸川区)は、東京都立葛西臨海水族園から3月に脱走したフンボルトペンギンを確保したと発表しました。

脱走が発覚してから82日ぶりの保護。

午前11時頃、江戸川にかかる行徳橋(千葉県市川市)付近の住民から「ペンギンを見た」との情報が寄せられました。

東京都立葛西臨海水族園の職員が現場に向かって午後5時半頃、ペンギンが岸に上がって休んでいるところを職員が素手で捕まえました。

現場は、東京都立葛西臨海水族園からは直線で約9キロも距離があります。

ペンギンには外傷などは見られず、元気な様子で栄養状態も問題ないそうです。

逃げていたペンギンは昨年1月に東京都立葛西臨海水族園で生まれました。


体長は60~70センチですが、まだ幼鳥で性別は不明。

名前はなく「337番」という識別番号で呼ばれています。


右の翼に識別用の黄色いリングが付いていました。

5/24/2012

讃岐うどん山田家スカイツリーにOPEN

5月22日に開業した「東京スカイツリータウン」で全国から集まった有名店がしのぎを削るレストランエリアに香川県高松市牟礼町のうどん店「うどん本陣 山田家」が直営店を出店しました!

打ち立て、ゆでたての讃岐うどんで本場の味を楽しませてくれます。

うどん本陣 山田家は「東京ソラマチ」と呼ばれる商業エリアの6階に出店。

これが初の県外直営店となります。

約1千食を用意したこの日は、午前10時の開店と同時に客が並び始め65席ある店内は常時満席の状態。

「釜ぶっかけ」「ざるぶっかけ」など本店でも人気のメニューに次々と注文が入り終日活気にあふれました。

店頭ではうどん職人の手打ち風景を見ることもでき観光客の中には興味深そうにカメラを向ける人も!


「スカイツリーは全国から人が集まる場所。讃岐うどんの本当のおいしさを知ってもらえるよう頑張りたい」と香川県高松市牟礼町のうどん店「うどん本陣 山田家」山田勲社長は話しました。

全国金魚すくい選手権大会予選近江八幡大会開催!

全国金魚すくい選手権大会の予選を兼ねた近江八幡大会が近江八幡市宮内町の市公会堂(慰霊殿)で開催されました

八幡山城主・豊臣秀次と叔父で大和郡山城主・豊臣秀長の縁ではじまって今年で第12回目。

参加資格が今回から、これまでの県内外から県内のみになり、全国大会出場エントリー枠も2人から3人に拡大されました。

大会には大人の部44人、子供の部67人がエントリーし全国大会出場をめざして熱戦を繰り広げました。

会場には500匹ずつの金魚が入った5つの水槽が設けられて、ひとつの水槽に2人ずつで競技開始。

競技は、ひとつのポイで3分間にどれだけすくえるかを競い合いました。

3分間ポイを持たせるのは結構難しく、1匹も救うことができないまま早々とポイが破れてしまう選手や、子どもより真剣になって金魚を追う大人など、応援の家族らが見守る中会場は熱気に包まれました。

子どもの部では、5匹の堀尾綾香さんが優勝!

2年連続で全国大会への切符を手にしました。


「昨年以上の成績を目標にがんばります」と抱負を語ってくれました。

2位は4匹の川島陽奈さん、3位は6人が3匹で並んで、2回の順位決定戦の結果、山田紗生さんが3位になりました。

大人の部は、大津市の六車真人さんが10匹で優勝。

「奈良でもがんばります」と力強く抱負を述べました。

2位は9匹の山田剛士さん、3位は3人が7匹となり、順位決定戦で辻谷徹さんが3位を獲得しました。

各部門の3位までが、8月19日に開催される「第18回全国金魚すくい選手権大会」にエントリーされます。

5/23/2012

AKB48真夏のSounds good!売り上げ117万1000枚!

音楽情報会社オリコンは、アイドルグループ「AKB48」の最新シングル「真夏のSounds good!」が発売初日としては歴代最高の117万1千枚を売り上げたと発表しました!

オリコンによると、これまでの最高はAKBの「風は吹いている」が持つ104万6千枚でした。

AKB48のシングルは7作連続でミリオンを突破しました。

「真夏のSounds good!」を1枚購入すれば、次のシングルに参加するメンバーを選ぶ「選抜総選挙」に1票を投じることができます。

選抜総選挙は6月6日、東京・日本武道館で開催されます。

生駒屋玩具博物館おもちゃ2000点展示浅原利一さん

長野県池田町池田2丁目の会社員、浅原利一さんが趣味で集めた昭和40~50年代のおもちゃを展示する博物館を創りました。

自宅隣の倉庫に昔懐かしいソフトビニール製のウルトラマンシリーズの怪獣や同年代の人気ロボットキャラクターの人形、メンコ、カルタなど約2千点が展示されています。

収集のきっかけは15年ほど前、ゲームセンターで子どものころ遊んだ人気ロボットの人形を手に入れたことです。

懐かしさから自宅の土蔵を探すと数点の古びたおもちゃが出てきてたそうです。

都内の専門店やフリーマーケットなどを回り、収集に熱中。

3年前、倉庫を建てたのを機に30平方メートルほどのスペースに少しずつ並べ始めました。

お気に入りは、高さが60センチ前後のアニメ「マジンガーZ」の人形で10体ほどがガラスケースに入っています。

これまでは親しい友人らに見せる程度だったのですが、岡谷市のイルフ童画館でおもちゃ収集家の北原照久さんのコレクション展が開かれるのを知って触発され、かつて呉服店を営んでいた自宅の屋号「生駒屋」にちなんで「生駒屋玩具博物館」と命名しました。

コレクション展に足を運び、北原さんに博物館名の入った自分の名刺を渡しました。

日中は仕事で不在でもあり、一般公開するかどうかは未定です。


「地域の役に立つような活用を考えたい」と浅原利一さん。

「博物館を核に、昭和にちなんだイベントの開催などができるといい」と話しています。

こうふのみのみマップ完成!よっちゃばれ甲府の会!

山梨県内の日本酒蔵元とワイナリー8社でつくる「よっちゃばれ甲府の会」(会長・北原兵庫山梨銘醸社長)が山梨県産の日本酒やワインが味わえる飲食店を紹介した折りたたみ地図「こうふのみのみマップ 甲府中央版」を作成しました!

中心部のビジネスホテルや観光案内所で無料配布して中心街の活性化につなげていきます。

地図はカラーで、ポケットサイズに折りたたみできます。

地酒や県産ワインを置いている中心街の居酒屋やレストラン、バーなど67軒を紹介。

土地勘のない観光客でも来店しやすいように目印となるホテルや信号名を入れたほかエル西銀座のオブジェや老舗食品店などの隠れた見どころも案内してあります。

5千部を印刷しました。

北原会長は「山梨の日本酒やワインを知ってもらうと同時に、市中心街の飲食店も盛り上げたい。地図を手に、中心街を飲み歩いてほしい」と話しています。


よっちゃばれ甲府の会は、県産米から醸した日本酒と、県産ブドウを原料にしたワインを市中心街の飲食店や酒販店で楽しんでもらい、食の地産地消につなげようと、2008年に結成されました。

5/22/2012

平沼小学校、倉内小学校最後の運動会

児童数減少などにより本年度末で閉校する青森県六ケ所村立平沼小学校(鈴木浩校長、児童数53人)と倉内小学校(木村文則校長、児童数33人)で20日それぞれ最後の運動会が開催されました。

保護者や地域住民も参加、共に100年超の歴史を刻んできた学びやに名残を惜しみながら最後の舞台が盛大に行われました。

村史によると、平沼小学校は1880(明治13)年、倉内小学校は1878(明治11)年に創立。

いずれも村南部の教育拠点として歩んできましたが、耐震問題や航空機騒音もあって、来年4月に村立第二中隣に完成する南小学校に統合されます。

この日は、徒競走や綱引きなどの定番に加え、地域のお年寄りが参加した「寿レース」や創立周年分の玉入れなど多彩なプログラム。

最後は両校ともに対抗リレーが開かれ、グラウンドを懸命に駆ける児童に観客が大声援を送りました。


平沼小学校6年の橋本あゆみさん(11)は「学校がなくなるのは寂しいけど、最後の運動会で本気を出せた」と笑顔。

倉内小学校6年の相内由香さん(11)は「2年連続で障害物競走の1位を取れたのが思い出です」と話しました。

三陸鉄道、音楽列車運行!岩手三陸復興音楽祭

東日本大震災で被災した三陸鉄道(岩手県宮古市)は19日、列車内で演奏会を開く無料の音楽列車を運行しました。

若手の音楽グループらがブルースやロックなどのオリジナル曲を演奏し披露しました。

復興機運を高めようと、県などでつくる実行委員会が企画した岩手三陸復興音楽祭の一環。

宮古-小本間の列車内では、フラメンコギターとパーカッションによる若手ユニット「ドンアルマス」が演奏。

途中、駅のホームでも独自にアレンジした曲を披露し、集まった乗客から拍手が湧き起こりました。

列車内で演奏を聴いた宮古市の北館フジ子さんは「やっぱり音楽は活気があっていいですね。元気が出ます」と大満足でした。


この日は、作曲家谷川賢作さんの音楽グループ「パリャーソ」も久慈-普代間の列車内で演奏しました。

みさき公園のナマケモノの赤ちゃんは金環!

金環日食が列島各地で観測された21日午前大阪府岬町の「みさき公園」でナマケモノの赤ちゃんが産声を上げて「金環」と名付けられました!

女性飼育員が21日午前、母親のナマケモノの異変に気付いて、おなかにくっついた金環ちゃんを発見。

出産推定時刻は金環日食が観測された時刻と重なる午前7時半ごろだったと獣医師が確認しました。

みさき公園によると、ナマケモノは性別の判別が難しくて金環ちゃんの性別は不明。

日食と誕生との因果関係も不明だそうです。


広報担当の中山篤さんは「金環日食の日に生まれてきた記念すべき存在。日食のように今後も注目されるように育ってほしい」と話しました。

5/21/2012

ベーブ・ルースのユニホーム3億4880万円で落札!

米大リーグの往年のスター選手ベーブ・ルースが着たユニホームが20日締め切られた競売で441万5658ドル(約3億4880万円)の高値で落札されました!

売り主によると1920年頃に使用されたヤンキースのものでスポーツ関係の出品では史上最高額だそうです。

また、 ベーブ・ルースが34年に使った帽子は53万7278ドル(約4245万円)の値が付きました。


これは元大リーガーのデービッド・ウェルズ投手が保有していたものでヤンキース時代の97年には試合で使った品。

中迫申吏、全日本ロードレース選手権初挑戦

鹿児島県曽於市大隅町大谷の中迫申吏さんが大分県日田市のオートポリスインターナショナルレーシングコースで26、27日に行われるバイクレースの最高峰「全日本ロードレース選手権(第4戦)」に初挑戦します。

強豪が集うこのレースに専念するため、8年間務めた会社を4月に辞めて背水の陣で臨みます。

「集大成のレース。全力で駆け抜ける」と練習に熱が入っています。

福山高校(霧島市)卒業後、進学した大阪の専門学校近くのレース場に通ったのがレーサーになったきっかけ。

2008年に国内ライセンスを取得し、10年に福岡市のレースチームに所属してから一気に力をつけてきました。

四十数台が参戦する全日本選手権。

20位以内に入れば、モータースポーツの聖地、鈴鹿サーキット(三重県)で10月にある第9戦に参戦できます。

狙うのはシングルフィニッシュ(9位以内)。


中迫申吏さんは「会社を辞め、お金の工面は厳しいが、人生は一度きり。夢の舞台にそう何度も立つことはできない。どれだけ走れるか証明できる機会は全日本しかない」と闘志を燃やしています。

桜島の降灰でJR鹿児島中央駅発着の在来線STOP!

JR九州は20日午後7時半ごろ桜島の降灰による影響で鹿児島市のJR鹿児島中央駅発着の在来線運転をすべて見合わせました。

午後10時までに再開しましたが指宿枕崎線、鹿児島本線、日豊本線の上下計6本が運休したほか、一部に遅れが出ました。

JR九州鹿児島支社によると、運転見合わせは線路のポイント(分岐器)清掃作業のためだそうです。

降灰と雨により、ポイントの動作に支障が出る可能性があったためです。

鹿児島中央駅構内は帰宅ラッシュと重なり、運転再開を待つ多くの利用客で大混雑しました。


鹿児島地方気象台によると、桜島は20日、昭和火口が3回も爆発!

うち午後6時14分の爆発では噴煙が1600メートルまで上がり、強い東風が鹿児島市街地に大量の灰を運んできました。

日本の蔵王ヒルクライム・エコ2012開催!優勝森正!

蔵王連峰の刈田岳(1758メートル)山頂を目指す自転車の山岳ロードレース「日本の蔵王ヒルクライム・エコ2012」(宮城県蔵王町、日本サイクリング協会主催)が蔵王町の蔵王エコーラインと蔵王ハイラインで開催されました!

全国29都道府県から1221人が出場。

大会はフルクラス(全長18.7キロ、標高差1334メートル)とビギナークラス(全長6.5キロ、標高差497メートル)に分かれて年齢別などの計15部門で頂点を競い合いました。

選手たちは序盤、鮮やかな新緑の回廊を通過。

終盤の山頂付近に差し掛かると、高い所で約4メートルに達する雪の壁の間を縫うようにゴールへと駆け上がっていきました。

フルクラスの最上位部門「チャンピオンクラス」では、三重県伊勢市の森正さんが大会記録を4分59秒縮める56分20秒で初優勝しました!


森正さんは「全体的にきついコースだったが、残雪が鮮やかで景色が良かった」と話しました。

昨年は東日本大震災の影響で中止され2年ぶり2回目の開催です。

今回から日本サイクリング協会の全日本ヒルクライムシリーズ開幕戦に位置付けられています。

シュルトゥン遺跡からマヤ暦最古のカレンダーと王の壁画発見

グアテマラの熱帯雨林にある古代マヤ文明のシュルトゥン遺跡からこれまで発見されたものの中では最古とみられる9世紀初期のマヤ暦のカレンダーと壁画が見つかりました!

発掘調査を行った米ボストン大学などの研究者が記者会見で発表しました。

マヤの暦の解釈をめぐっては今年12月に暦が終わり、それが世界の滅亡を意味するとの説も出回っています。

しかし今回見つかったカレンダーには、滅亡へのカウントダウンに当たるような内容は見当たらなかったそうです。

滅亡説の根拠となっているのは、マヤの長期歴が今年12月21日で終わるという解釈。

しかし研究チームによれば、マヤの研究者の間ではこの解釈が誤りであることは以前から知られており、この日を境に新たな歴が始まる節目の日にすぎないそうです。

壁画の文字の解読にかかわったテキサス大学の考古学者デービッド・スチュアート氏は「マヤの暦はこれから先、何十億年にも何兆年にもわたって続く」と強調!

壁画はシュルトゥン遺跡を調べていたボストン大学の研究者が2010年に発見しました。

一帯は30年ほど前に荒らされた跡がありましたが、さらに発掘を進めたところ極めて良好な状態で保存されたマヤの王の肖像画が発見されました。

壁画は9世紀初期の家屋のような構造物の天井と3面の壁に描かれています。

家屋はマヤの書記官の仕事場だったとみられアーチ型の天井が付いていました。

カレンダーとみられる壁画は、点と線を使って月の動きが6カ月の周期で記録されていたようです。


研究者によるとシュルトゥン遺跡のほとんどが未発掘のままで今回の発見はごく一部にすぎないそうです。

調査団は今後も発掘調査を続ける予定。

今回の調査結果は11日の科学誌サイエンスに発表されます。

5/20/2012

水陸両用バス山中湖のカバYAMANAKAKO NO KABA五万人突破!

富士急山梨バスが山中湖で運行する水陸両用バス山中湖のカバ「YAMANAKAKO NO KABA」の乗客数が運行開始から13カ月目で5万人を突破しました!

5万人目となったのは、埼玉県朝霞市の会社員大館直樹さんの家族。

大館直樹さんには、富士急山梨バスから水陸両用バスのグッズや山中湖村のホテルマウント富士宿泊券などが贈呈されました。

大館直樹さんは「今日は母の還暦の誕生日を祝って旅行に来た。5万人目になるとは思わなかったが、いい思い出になった」と大喜びでした。

水陸両用バス山中湖のカバ「YAMANAKAKO NO KABA」は昨年4月30日に運行を開始。

乗客定員は34人で、1日6便、最大で11便運行しています。


料金は
大人、2000円
子供、1000円
3歳以下、300円

ヒメフウロが民家の庭に咲きました!

和歌山県上富田町朝来の井沼栄子さん方で山地に生えるヒメフウロ(フウロソウ科)がかわいい花を咲かせています。

徳島県の剣山、滋賀県の伊吹山など一部の石灰岩地に生えています。

花は1・5センチほどでピンク色で茎は葉の端が赤みを帯びています。

3年前に庭の隅に咲き始めて次第に庭全体に広がりました。

植えた心当たりがなく知り合いが図鑑で調べて種類を突き止めたそうです。

敷石の隙間や他の花の鉢に20カ所近く咲き庭全体を彩っています。

シオヤキソウ(塩焼草)の別名があり特有のにおいを放っています。

近所の人も珍しがって株を持ち帰って喜んでいるそうです。


井沼さんは「徳島に親戚がありレンコンやナシなどを送ってもらっているので、種が運ばれてきたのかもしれない。見ているとかわいらしい」と話しています。