投稿

高校生海女クラブ かすりはんてん姿女子高生

イメージ
あまちゃんのロケ地となった岩手県久慈市の小袖海岸で地元の女子高生9人でつくる高校生海女クラブが今季の活動を始めました。

久慈東高等学校3年の外舘菜々さんと内村睦美さんが、ベテラン海女の手ほどきを受けながら水深約7メートルにあるムラサキウニを採っています。

高校生海女クラブの皆さんは、かすりはんてん姿で素潜りの実演を見せたり、採れたてのウニを販売したりして観光客をもてなしてくれます。

外舘菜々さんは「きれいな海とおいしいウニが久慈の魅力。東日本大震災を経ても変わらない久慈のきれいな海を見てほしい」

内村睦美さんは「あまちゃんブームを再燃させたい」と話してくれました。




高校生海女クラブのメンバーは、久慈東高等学校3年の中村海奈さん、外舘菜々さん、川向美優さん、日陰奈緒美さん、内村睦美さん、国丹彩楓さん、久慈東高等学校2年の小田舞さん、船渡菜緒さん、種市高等学校2年の本間茜さん。


小袖海女センター

住所 久慈市宇部町24-110-2

電話 0194-54-2261

素潜りの実演は、午前10時20分、午前11時20分、午後2時20分の1日3回(平日は団体予約のみ)。

見学は、1人500円。

臥龍桜見頃

イメージ
臥龍桜が見頃を迎えています。

樹齢1100年といわれるエドヒガンザクラです。

高さ、20メートル、枝は南北30メートルに広がっています。

何度も台風の被害を受け、枝が折れて25年ほど前には枯死寸前になりました。

地元住民らが協力し、土の入れ替えや添え木などをして復活させました。

臥龍桜は飛騨一ノ宮駅から徒歩1分と近く、JR高山本線の車窓からも見ることができます。

飛騨一之宮観光協会によると、五月初旬ごろまで楽しめるそうです。




臥龍桜情報

住所 高山市一之宮町275-1(臥龍公園内)

品種 エドヒガンザクラ(1本)

樹齢 1100年

入園料 無料

駐車場 250台

夜桜見物 ライトアップなし(ただし園内にぼんぼりを灯す)

交通案内 JR高山本線、飛騨一ノ宮駅下車 徒歩1分、高山ICから約12㎞、20分

お問い合せ

飛騨一之宮観光協会:TEL 0577-53-2149

高山市一之宮支所:TEL 0577-53-2211

海洋深層水足湯オープン ほたるいかミュージアム

イメージ
ほたるいかミュージアム展望デッキに海洋深層水を使った足湯施設がオープンしました。

足湯施設は屋根付きで、繊維強化プラスチック製の足湯槽が16個並んでいます。

足湯槽には富山湾から取水、加熱した深層水をかけ流しています。

条件が良ければ、蜃気楼が見えるそうです。

10月上旬まで利用できます。

利用時間、午前10時~午後4時。

休み、毎週火曜日。

維持管理費として依頼する協力金は一口100円。


ほたるいかミュージアム

〒936-0021 富山県滑川市中川原410 地図

電話 076-476-9300

BIG☆ALOHA 長さ日本一ボディスライダー

イメージ
スパリゾートハワイアンズは、整備中の高低差、長さが日本一となる予定の「ボディスライダー」の名称を「BIG☆ALOHA(ビッグアロハ)」とし7月21日にオープンさせると発表しました。

BIG☆ALOHAは、水が流れるチューブ内を寝転んで滑る遊具で、全長283メートル、高低差40.5メートル(10階建てビル相当)。

スライダー内は、ステンドグラスや虹色のデザイン、発光ダイオード(LED)などを用いた模様などが施され、視覚的にも楽しめます。

時速約30キロで約40秒かけて滑り降ります。

総工費は約7億円。

料金は500円。


BIG☆ALOHA大迫力のイメージ動画をご覧ください。



スパリゾートハワイアンズ (運営会社:常磐興産株式会社)

〒972-8326 福島県いわき市常磐藤原町蕨平50 地図

TEL 0570-550-550(ナビダイヤル)

FAX 0246-44-6220

インヴィクタ 1928年製イギリス車

イメージ
渡辺甚吉氏が日本へと持ち込んだ1928年製のイギリス車、インヴィクタ。

インヴィクタは1930年に欧州で購入したとされています。

所有する東京都の歯科医師竹元京人さんによると、戦後にアメリカで修復。

1990年代に高山市の愛好家が所有しましたが再び海を渡りドイツの愛好家から譲り受けました。


14代渡辺甚吉氏(1906~1972年)は十六銀行初代頭取の12代甚吉氏の孫。

十六銀行で取締役などを務めた事業家で、岐阜薬科大の設立に巨額の寄付をしました。

岐阜市名誉市民です。

幸手たべある記 幸手市グルメ冊子

イメージ
埼玉県幸手市は、日本保健医療大学の学生グループが幸手市内の店を取材しレポートとしてまとめたグルメ冊子「幸手たべある記」を1万6千部作成しました。

幸手たべある記は、国の地方創生加速化交付金を活用した幸手にぎわいの街プロジェクト事業の一つです。

大学生編と題して幸手市が日本保健医療大学に通う学生に依頼しました。

学生12人が自らの目線で幸手市内の店舗を取材しています。

幸手たべある記は、表紙、裏表紙を含めて20ページ。

学生は、こだわりランチ、ガッツリごはん、ひと息カフェ、パン・スイーツの4班に分かれ、計12店舗を食べ歩きました。

幸手たべある記には、幸手市内の食べ歩きマップや学生たちのコメント、写真も掲載しています。

幸手市役所などで無料配布しています。












お問い合わせ

幸手市観光協会

〒340-0192 埼玉県幸手市東4-6-8(幸手市役所 商工観光課)

電話 0480-43-1111

能登鹿島駅桜満開

イメージ
能登鹿島駅で桜が満開となりました。

桜のトンネルが列車を出迎えています。

ホームの両端には樹齢80年を超える桜の木が約100本植えられてます。

能登さくら駅の愛称で桜の名所として知られています。

緩くカーブした能登鹿島駅に列車が入るとシャッターチャンスを逃すまいと写真愛好家が一斉にカメラを向けて撮影しています。


ダイオウグソクムシオムライス

イメージ
越前松島水族館の展望レストランにダイオウグソクムシオムライスが登場しました。

薄焼き卵で背中、のりで目、ポテトで脚を表現しています。

体長も実物サイズの30センチです。

チキンライスを一般の二倍近い700グラムも盛り、卵を3個使うなどボリューム満点の自信作です。

鈴木隆史館長が展示中の実物を見て「形といい、大きさといい、そっくりだ」とダイオウグソクムシオムライスを考案しました。

調理責任者の辻友江さんは「中に“お宝”が隠れてます」と話してくれました。

ダイオウグソクムシは、世界最大のダンゴムシの仲間です。

消費税込み1600円で、一日5食限定です。


越前松島水族館

〒913-0065 福井県坂井市三国町崎74-2-3 地図

TEL 0776-81-2700

FAX 0776-82-2296

http://www.echizen-aquarium.com